top of page

No.3|たお先生漫遊記



フィリピン🇵🇭は今年5回目です。


約1週間滞在し、朝から晩まで東京にある高校の異文化学習の作り込みをしてきました。


保護者の方にも

とにかく『生きる力を養ってもらうツアーです』とご理解いただいた上で、

毎回応募多数で選考をして参加者を選ぶのだとか。




「異文化」と言っても表面的なところではなく

とにかく現地の人の生活に入り込むこと

大切にしているのですが


通算、何回フィリピンにきたかわからないほど訪れました。

それでもまだまだ知らなかった景色がそこにはありました。





イナヤワンにあるゴミ山に住む子どもたち。



ゴミ山の上に家を作り、

ゴミを拾ってその中の捨てられた肉などを加熱して食べ、

ゴミを拾って生活する。



考えただけでもお腹が痛くなってきそうですが

家族で幸せに楽しそうに暮らしている様子をみると



『物質的な豊かさはなくても

心の豊かさはあるってどういうことなのか』

考えさせられます。





去年、fitスタッフからも希望制で2人

このエリアで活動するNPO団体の活動に

参加しましたが、逞しくなって帰ってきた理由がよく分かります。




日本に帰っていつもの生活に戻ると

いつも通りの毎日が戻ってくるのはもちろんですが

こういう世界を見ているのと見ていないのとでは

また少しどこか変わってくるのかなと思います。




英語にしても異文化にしても

そういう種を自分にもスタッフにも生徒にも

蒔き続けていけたらと思っています。






閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page